Text Size : A A A
Img_c9f32af60482c541cef5bef5d42c0b55
明けましておめでとうございます。

とまぁ・・・昨年暮れから次の作品のサウンドデザインをしておりまして、これから撮影プランを考えようと思っております。

検見川ヒロ
Img_ffaabfb1382e673204b94988e7fe25f8
Img_a99e9b33cd81a1f92719f32b33811cea
Img_f88d3fc5f4684817415bdd8cde938b6f
Img_2b046fdc77916657e37c75ba47c7522d
Img_ae3b764888c8717eeb008e6ec39c2cc0
Img_50ae25aa8b4d009543caa734c707abab
Img_7b2a03da44aaa2c0a50874bcc302a78a
Img_c29fa15cae7044547cfffcd503e68578
Img_c3db0f69681d4644a17be1a779d818e7
Img_2d70a1717b4814aa0362979201a6cbae
Img_396936e52a4804d0a529d96831fa55ce
Img_a4ee6ce357f3a9b4b19a8fe9235e0903
Img_818e5b2c4e2536d1d28bda79fa5b058c
Img_158cfacc98d2f8d343fef1ac85537b4a
Img_8e55fad5e79e4f6a7bb72b1b3c33940b
Img_192387cf693ae21e8bf6323865cf4a79
Img_f5e6372e20def55ce7ef3b08586823f2
Img_22a78d5eb9723d7e58446575de1d380c
Img_03e35a3e5efdd9c306baf4b0f43d7472
スポーツは、こういう風に描くんだよ・・・・と言われているような東京オリンピック1964。

名匠 故・市川崑監督で撮影監督は巨匠 宮川一夫氏。脚本には和田夏十、白坂依志夫、詩人の谷川俊太郎氏が参加していたんですね。そもそも筋書きなどはないはずのオリンピックのためにまず緻密な脚本を書き、これをもとに壮大なドラマである『東京オリンピック』を撮るという制作手法をとったそうです。携わったスタッフは総勢556名で、その当時の精鋭の撮影部が参加しており日本の映像業界を揚げてのプロジェクトだったそうです。使用されたカメラは103台、レンズは232本、撮影したフィルムの長さは40万フィート(400フィートで4分弱なので約66.7時間分)録音テープの長さは6万5千メートル!

面白いのが、最初に話を受けたのは黒澤明だったそうですが予算の関係から断り、次に今井正、今村昌平、渋谷実、新藤兼人ら複数の監督に話が流れ、最終的に市川氏が引き受けたそうな・・・。市川崑監督自体ピンチヒッターと思っていたようです。それが記録映画の枠を超えた名作を作り上げたのです。
後日談として映画評論家の清水節さんの話では、黒澤明監督の東京オリンピック1964の構想は、映画とオリンピック開会式をシンクロさせるような演出を考えていたそうです。国立競技場の聖火ドーム に点火された瞬間に 聖火が世界各国に飛び火して、 それをマルチで流し無数の風船にスピーカーを仕込みベートヴェンの喜びの歌を流して、電光掲示板 にNo more Hiroshimaと掲示することを考えていたそうです。こういうオリンピックの開会式・閉会式のちゃんとした演出が行われたのはロスオリンピックの時でしたから、それ以前にこういうことを考えていた黒澤明監督は先見の明があったわけです。しかし提示された予算の2倍もかかってしまうため、当時のJOCが黒澤明監督をおろしたというのが実情だったようです。
話は戻り
現存している撮影機材リストを見るとアリフレックス35・アイモ・ミッチェル・エクレール35(ハイスピードカメラ多分10×ぐらい)・カメフレックス35など歴代の名機のシネマカメラが使われており、レンズは望遠系が2000mm・1600mm・1200mm・1000mm・800mm・600mm・500mmズームなどでワイド系は35mmぐらいで、望遠に振った機材構成です。これは望遠レンズを駆使して、選手の表面の逞しさだとか、美しさだけではなく、選手それぞれの内面的なものを捉えることに映像コンセプトを置いていたためです。撮影スタッフの一人に山本晋也氏がおり、市川に「選手の癖を撮れ」と言われ、非常に困ったと後に話しています。山本晋也氏は当時25歳で岩波映画の撮影助手をしていたんですね。

今、この東京オリンピック1964がYouTubeで見られます。 (Click!)  2時間を越える大作でパート6まであります。お薦めです。余談ですが、地元、東京大学検見川総合運動場で近代五種(クロスカントリー)が行われていたんですね。その頃、小学生で遊ぶのに忙しくて見てなかったなぁ(爆)。

検見川ヒロ


アディダスのプロスノーボーダー國母和宏選手を描いたPVです。優れたドキュメントフィルムになっています。4年前バンクーバーオリンピックの時、腰パンで一騒動あった、あの選手です。この映像を見たら類い希なスノーボーダーであることがわかります。AIRの凄さは圧倒されます!

雪山での撮影は一度仕事で経験しているのですが、撮影機材をスタッフ総出で運ばなければならず大変でした。それに-20℃以下にもなる雪山の撮影は、過酷ですぐ帰りたくなりました。(笑)スノーボーダーの撮影を見ていると三脚を使わず手持ちで撮影しているクルーもおり、機動性を重視しているのか三脚が荷物なるのか雪山独特の撮影方法があるようです。

現在、彼は拠点をアメリカに移しUSオープン二連覇したりと活躍しています。まだ今年26歳になる彼はスノーボード業界を牽引することでしょう。因みにソチは、選手としてではなく技術アドバイザーでスタッフとして参加するそうです。

しかし、日本のマスメディアのバッシングでひとりの優秀なアスリートを寄ってたかって潰しかけるとは・・・・日本のマスメディアって疑問。

検見川ヒロ
Img_30edee062cbeb4dff3470117715ff91c
Img_2e1b47caab72763c3134970b218f99c2
Img_a17e69559606d6c2432cacae18a9e710
Img_12874aa7c55ff1eaedde7f170ca47963
Img_9e815eb2dc4b8378755db918f2ab21c4
Img_a3ab412704db764eb8964c59e17328c6
Img_4c89e27f43849574db7d7121b48c2acd
パナソニックから、m4/3レンズ「LEICA DG NOCTICRON(ノクチクロン)42.5mm F1.2 ASPH. POWER O.I.S.」を2月13日に発売するそうです。35mm判換算で85mm相当の画角となる単焦点レンズでレンズ構成は、非球面レンズ2枚、EDレンズ1枚、UHRレンズ1枚を含む11群14枚。マイクロフォーサーズの特長を活かし、大口径ながら小形軽量を実現したそうな・・・・・。
インナーフォーカスを採用してAF駆動はステッピングモーター。コントラストAFを240fps駆動とすることで、AF精度を向上したそうです。手ブレ補正機構も搭載。また、レンズ鏡胴には絞りリングも備えるそうで、マニュアル撮影にも対応しているのがいいですね。サンプルを見てもいいボケ味を出しています。所謂ポートレイトレンズです。

m4/3もレンズが着々と充実してきました。只・・・・・お値段21万円!!!高っ!!!

検見川ヒロ


オリンピックシーズンになると、良質なCMが出てきます。P&GのThank you,Momシリーズの第2弾です。第1弾はロンドンオリンピックの時で世界的に好評を得て、その冬期オリンピック・バージョンになります。当たり前のことなのですが、選手たちと同じ数だけの母親がおり、それぞれに物語があります。

検見川ヒロ
Img_62593d2731090148fb761da2a25ccf35
Img_ca5433c98fa5cc3b211fa05a512266ec

A Moment in Zion from Andrew Julian on Vimeo.



Blackmagic Pocket Cinema Camera RAW Performance from Marco Schott on Vimeo.



へぇ〜物凄い解像感だな。暗部からの階調が実に豊かです。Blackmagic Pocket Cinema Camera(BMPCC)というカメラがあるんですが、ファームアップデートでProResだけでなくRAWのフォーマットのCinemaDNGも扱えるようになったそうです。写真では、もはや当たり前のRAW撮影なのですが動画の世界ではプロシネマ機ぐらいしか扱われないRAWデータなのですが、10万円を切るようなポケットカメラでできるようになりました。しかしデータ量は膨大で64GBのカードを使用した場合でも、18分前後の収録時間しか保たないそうです。

このBMPCCは、M4/3マウントでM4/3レンズが使えます。ただしセンサーサイズは、マイクロフォーサーズよりも小さいため、35mm換算では焦点距離を2.88倍で計算する必要があります。望遠系では重宝するのですが、ワイド系が不足気味でしょうか・・・・。またシャッタースピードではなく、シャッター開角度(Shutter Angle)での設定となります。シャッター開角度とシャッタースピードの相関は、24fpsの場合は360 = 1/24・270 = 1/32・180 = 1/48・172.8 = 1/50・144 = 1/60・90 = 1/96
45 = 1/198となります。というようにシネマカメラチックな設定が必要で、結構ムービーカメラの知識が必要なカメラのようです。

でも、なんだかサンプル映像を見ると欲しくなりますねぇ・・・・。

検見川ヒロ

反骨のドキュメンタリスト 大島渚『忘れられた皇... 投稿者 tvpickup

これは頭をガツンと殴られたような衝撃のドキュメンタリーです。東京オリンピックを翌年に控えた1963年故・大島渚監督作品のドキュメンタリーで、大島渚監督の孫ほど離れた若い制作陣が掘り起こしてくれました。見せてくれたことに感謝します。

今、この時代の空気感にこそ流すべき作品だと感じた制作陣の嗅覚に拍手を贈りたいと思います。またON AIRされた日テレは原発推進よりのテレビ局ですが、このドキュメンタリーのラスト近くで脱・原発デモシーンを入れたのには、大島渚監督の反骨精神が受け継がれた気がします。

検見川ヒロ
Img_1ce9483b5b8eff0c6523341c6a78505c
最初、新顔のノラネコちゃんかなと思っていたら・・・・あれ?どうも見てもネコに見えない。イヌ?いや違う。
大きさは、体重5〜7kgぐらいのネコぐらいの大きさです。先週ぐらいから、うちの庭に出没しています。うちは別に山奥に住んでいるわけでもなく、ごく一般的な住宅地なのですが・・・・。それでググってみたところ、船橋・市川で目撃情報があり都内でもかなりの数のタヌキが生息しているそうです。

ペットが逃げた?それとも野生のタヌキなのだろうか?とりあえず、そっとしといてあげよう。しかし気になるのが、皮膚病である疥癬症にかかっているのか胴体の背中部分の毛がない状態なんです。いろいろ調べたのですが、衰弱死する危険もあるので・・・・うちのネコたちをいつも診てもらっている熱血獣医さんに相談してみようと思います。

検見川ヒロ


2月に開催されるアメリカの国民的祭典「スーパーボウル」(NFLの王者決定戦)で流れる予定の男性向け化粧品ブランドAXE(アックス)のCMです。シャレた作りに感心です。キャッチコピーの「Make Love, Not War」に奇麗に落としています。

検見川ヒロ