Text Size : A A A

KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 from hiro kemigawa on Vimeo.



正月から都内をウロウロしながら、KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8のテスト・シューティングをしていました。朝の柔らかい光やコントラストの強い日中や太陽入れ込みのド逆光などいろいろな条件で試してみました。

暗部の階調の出は、それほど潰れず まあまあの階調を再現してくれました。Voigtlander NOKTON 10.5mm F0.95よりは硬調ですが、メリハリのある階調です。解像力に関してはVoigtlander NOKTON 10.5mm F0.95より上で、極端なカリカリ感ではなく、上品な解像力でしょうか・・・・。

太陽入れ込みのド逆光では、やはりフレアが盛大に出て これからは注意しなければなりません。フィルターはオープンではND8を常用していましたが、フード側に組み込みなので86mmという大きな径なのでND16はありません。結構シャッタースピードが高速になってしまいました。

Voigtlander NOKTON 10.5mm F0.95とKOWA PROMINAR 8.5mm F2.8は性格の違うワイドレンズで、どういう画を描くかによって筆を選ぶように選択するべきでしょう。