Text Size : A A A
Img_bdef5a92d54f1680a34ff20390d3bad9
昨年の暮れに新品を購入したのですが、このレンズ39年前のレンズなんです。(1978年新発売)もちろんマニュアルレンズで、それが今でも生産しており新品で買えるとはNikonの懐の深さを感じます。
解像力優先の現代のレンズと違って曖昧なボケ方をして、開放値f/1.2だとシネ的なベールのかかったような画の表現ができそうです。なんだかポートレイトで真価を発揮しそうな予感。
Img_73e2a460813520fc9e4051029d4766be
今日の早朝、ラスベガスでオフィシャルアナウンスがされ、世界的にGH5祭り状態になっています。
大体リーク情報と同じで・・・

最高解像度: 4K/60p (出力のみ)
内部4:2:2/ 10bit記録 – 2017年4月を予定
6K アナモルフィックビデオモード (4:3) –2017年夏を予定
スローモーション(バリアブルフレームレート): 最高180fps/23.98 /FHD
改善されたオートフォーカス(0.05秒AF, 9 FPS AF連写時)
標準サイズのHDMIコネクタ (Type A/USB 3.1)
2″ 1,620ドットの角度可変LCDモニター
4KハイブリッドLogガンマ(4K HDR Video) – 2017年夏を予定
SDカードスロットx2: UHS-II U3 (Vide grade 60)
連続記録時間の制限なし
波形モニター表示
独立したビデオメニュー
.MOV, MP4 (AAC, LPCM) AVCHD プログレッシブ記録
H265 60/50p記録
システム周波数選択 (59.94, 50.00, 24.00 Hz)
防水、防塵、防寒(-10 ℃まで)
Bluetooth機能
重量: 654g
電源:GH4と同じバッテリーを使用

バッテリーがGH4と共通なのは嬉しいですね。バッテリーグリップは新規のようです。V-logにするためには、またプロダクトキーを購入しないと駄目なのか・・・・。
Img_f4847c1d59fad771c8ba82160bebc7c9
Img_87850e94f0cf20db791a4b4c08903ef1
Img_5c0bfd2b45979479b39cfb15920a5248
新登場のPanasonic Leica DG Summilux 12mm f/1.4 ASPH.

歪曲は " -0.38% " とほぼゼロと言って良いレベルで、色収差は中央部・周辺部ともに非常に低いレベルに制御され、カラーフリンジは問題になる事はないだろうということです。解像力は、中央は開放からF5.6までは際立った値(outstanding)で、これは見事な結果だ。隅は中央ほどハイレベルでは無いが、それでもなおF2からF8ではとても良好な値(very good)で、F11では良好な値(good)だ。F1.4とF16では、隅の解像力はそこそこだ(fair)。(ePHOTOzineより)

お値段が少々高めの:¥139,960

KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 from hiro kemigawa on Vimeo.



正月から都内をウロウロしながら、KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8のテスト・シューティングをしていました。朝の柔らかい光やコントラストの強い日中や太陽入れ込みのド逆光などいろいろな条件で試してみました。

暗部の階調の出は、それほど潰れず まあまあの階調を再現してくれました。Voigtlander NOKTON 10.5mm F0.95よりは硬調ですが、メリハリのある階調です。解像力に関してはVoigtlander NOKTON 10.5mm F0.95より上で、極端なカリカリ感ではなく、上品な解像力でしょうか・・・・。

太陽入れ込みのド逆光では、やはりフレアが盛大に出て これからは注意しなければなりません。フィルターはオープンではND8を常用していましたが、フード側に組み込みなので86mmという大きな径なのでND16はありません。結構シャッタースピードが高速になってしまいました。

Voigtlander NOKTON 10.5mm F0.95とKOWA PROMINAR 8.5mm F2.8は性格の違うワイドレンズで、どういう画を描くかによって筆を選ぶように選択するべきでしょう。
Img_5c70aa1fb06542a7c2793bd48b4b291d


Nikon D5・D500祭りの影で、ひっそりとM4/3陣営からもOlympusからM.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROとPanaからLEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3 ASPH. が発表されました。

M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROが税別37万円!LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3 ASPH. が1,799.99ドルとお高めな価格設定になっています。もし購入するのであれば、M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROの方でしょうか・・・。最短撮影距離は1.4m。テレコンバーター「M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14」にも対応する。9枚羽根の円形絞りを採用・・・との事。
オリンパス至上、最高の解像力と謳っているので作例を見ながら検討しようかなと思っています。