Text Size : A A A


感動した!!
今年のスーパーボウルCMの中では、一番素敵な作品。解説しますとメキシコ人の母親と娘が新たな人生を始めるために、アメリカに向かう姿を追いかけます。しかし、国境線で待ち構えていたのは・・・トランプ大統領が掲げている政策について考えさせられる・・建築資材会社のCMなんです。
幼い女の子が道すがら、ゴミのような布切れを集めてエンデイングで星条旗を作っていたことが分かります。その演出には感服しました。
このCMがスーパーボウルで流れたことが、まだまだアメリカは懐が深いなと思うと同時に、このCMを今作らねばいけないと制作したスタッフに拍手を贈りたいと思います。


今年のスーパーボウルCMの中で流れたCMです。国際キャンペーンAllYouNeedIsEcuadorエクアドルの観光促進CMなのですが、シフトレンズを使い不思議な画作りをしています。開放値でここまでボケ量が出るのか?なのですが、後処理でもボケを足しているのかもしれません。(訂正です。手持ちのPC-E Micro NIKKOR 85mm f/2.8Dで試したところ、これくらいのボケ量が出ますねぇ。)好きな画作りです。最近ではお気に入りのCMです。

検見川ヒロ


ブラジルの冷蔵庫のCMです。タッチパネルで日替わりメニューが選択でき、ダイエットプログラムなんかあるそうです。だからなのか冒頭の高カロリーなハンバーガーも、パンケーキも、パイもパフェもコーラも、全部ぶっ飛ばしています!なんだかスゲーなブラジルのCMって・・・・。

検見川ヒロ




「セブン」「ファイト・クラブ」、や、「ソーシャル・ネットワーク」など、数々の名作を世に送り出している鬼才デヴィッド・フィンチャー監督が手がけたGAPのCMです。結構評判がいいということです。元々デヴィッド・フィンチャー監督ってCM出身じゃなかったかな。だからお手のものだと思います。ストーリー性はなく、まるで映画のワンシーンのような切り取り方で視聴者に想像させる作り方です。

これを見て、なんだか懐かしさを感じました。80年代にAOI ProというCM制作会社に籍を置いていたのですが、こういうCMの作り方がうまい会社でそこで修行していました。当時グラフィカルな映像・ワンコピーであまりカットを割らずワンカットCMを数多く制作していました。やはりストーリー性はなく、見る人の感性に訴える、そんな作りでした。多分その時代の空気にマッチした手法だったんでしょうね。

検見川ヒロ

The Marmalade "Showreel 2014" from QUAD on Vimeo.



THE MARMALADE Identity from schoenheitsfarm gmbh & co.kg on Vimeo.


これぞプロの映像!一見CGに見えますが、すべて実写!THE MAMALADEというドイツの映像制作会社の作品です。シズルで構成されたテーブルトップ・ショーリールです。下の映像はメイキング篇です。かつてフィルム時代フォトソニックというハイスピードカメラで全篇シズルものを作ったことがあるのですが、丸一週間スタジオで完徹しました。それ以来、こういう映像を見ると胃が痛くなります(笑)。

検見川ヒロ