Text Size : A A A


バットマンの50年の歩みをThe Piano Guysは1台のピアノとチェロでカッコ良く奏でています。このメドレーはピアノの演奏に100トラック以上をチェロを多重録音してリアレンジしたもので、映像は手持ちカメラとラジコンヘリで撮影されたものだそうです。その結果、各年代のバットモービルをバックにした、映像も音楽も素晴らしい内容に仕上がっています。2005年バージョンはどんどん苦悩や哀愁漂わせ荘厳な雰囲気を感じられる音楽に変化しています。これは、ハリウッドの巨匠Hans Zimmerの作品で大好きな作曲家です。

検見川ヒロ


須藤元気率いる「WORLD ORDER」最新映像です。須藤元気はアーティストだ。撮影許可取りはしていると思いますがゲリラ的に都内で撮影したのか、周りの人たちがスマホで撮りまくっていたり、カメラ前を人が横切ったりと日常と非日常の「WORLD ORDER」が対比しています。なんだか逆にシュールな画になっています。

検見川ヒロ


ジェイク・バグ(Jake Bugg)のBrokenのミュージック・クリップです。TED CUP 2013のエンディングに勝手に使っていますが、心に響く名曲です。彼は、まだ19歳でUKの新人シンガー・ソングライターだそうです。なんだか今年のサマソニに来てたそうです。そうか目と鼻の先に居たわけだ。ちょうど検見川浜サマーカップの頃でしょうか・・・・。見たかったなぁ。とにかく彼の歌声には不思議な魅力があります。UKでは21世紀のボブ・ディランと呼ばれているそうですが・・・・。なんだか唄の神様が、この若者に降りて来た気がします。

20代で酒と女に溺れ、30代には麻薬に溺れ、40代にボロボロになりながら再起してバラードなんか唄ったら、鳥肌が立つぐらい凄い歌声を聴かせてくれるんじゃないかと勝手に思っています。(笑)楽しみな存在です。

Broken

I'll wait here for you for I'm broken down
Coming down this time 'fore my heart lies
Far and away where they took you down
Led them over to your house
Where I'm broken
Down by the people if they let you breathe
Don't give a damn if you still can't see
Still my heart beats
For you have become all I love and all I hoped for
But I must carry on always one never broken
Run to the lobby where I saw you try
Don't give a damn for your reasons why
Where it so feels
Down in the valley where the church bells cry
I'll lead them over to your eyes
Woah!
I am one

I am one

Break story of peace and love in a future
Pride, sacrifice came around, never broken
Down by the people if they let you breathe
Don't give a damn if you still can't see
Travelling a street that I did not know
Wheels like tong to the winter lope
Down in the valley where the church bells cry
I'll lead them over to your eyes
Woah, I am one
Woah, I am one
I am one

検見川ヒロ